2011年7月

2011年7月31日 (日)

好評!Tシャツ

山元町社会福祉協議会製作・販売中のTシャツが好評!

この度、山元町のホームページから申込書をダウンロードして

ファックスすれば購入可能になりました。

前です。図案は<イチゴとりんごの四つ葉>

T

後ろです。文字は<心をひとつに>

T_2

T_3

送料が加算されますが、51枚以上は送料無料です。

近々、赤又は青の新Tシャツ完成予定!

但し、枚数限定となります。

2011年7月30日 (土)

看板は語る

以前ご紹介した<りんごラジオ>の外側の看板が1枚追加されました。

Photo

これも、およそ20年前の小学生が描いた坂元駅の3枚の中の絵です。

残る1枚が設置されたら、ご紹介します。

下は、アップの絵です。

Photo_2

2011年7月29日 (金)

さらばテント!

中央公民館南側のテント村。

多いときには、40人が暮らしていました。

Photo

避難所は嫌だったり、動物がいたり、いびきを掻いたりの人たちが、

避難所ではなくテント生活を選び、4月から暮らしてきましたが、

仮設住宅完成に伴い移り始めました。

残りの人たちもめっきり少なくなり、

今月末には、仮設住宅へ移っていきます。

写真は、テント生活第一号の島田さんご夫妻です。

インタビューに対し、

”この4ヶ月間、太陽と共に起きそして寝ました。

困ったのは、雨の夜、歩いて3分くらいの仮設イレへ行く事くらいで、

テレビなどなくても全く問題なかったです”と、笑い飛ばしていました。

Photo_2

知らない人たちの集まりでしたが、テント村村長なども決め、

助け合い、ぬくもりを大切にしながら暮らしてきた4ヶ月。

様々な想いの中、テント村を後にしていきます。

雨や強風の日などは、みんなで力を合わせ、

テントを飛ばされないような工夫や、排水路なども作りました・・・。

さらばテントよ!

4ヶ月間ありがとう。

Photo_4 

2011年7月28日 (木)

オカリナ

りんごラジオの今日のゲストはオカリナ奏者の只野和子先生。

オカリナを3曲生演奏していただき、その素晴らしさを満喫しました。

3曲は<ハバネラ><コンドルは飛んで行く><ふるさと>。

Photo_2

ありがとうございました。

石垣島のひと

山元町へのボランティアさんは、3月12日ボランティアセンター設置以来、

延べ人数は1万2786人です。ありがとうございます。

今日は、沖縄県の石垣島から女性が一人で来てくれました。

Photo

被災地・山元町では、女性の逞しさが目立っています。

折りしも、

厚労省の発表によりますと、2010年の女性の平均年齢は依然世界一!

男性は、世界4位。 寿命差およそ7才。

2011年7月26日 (火)

FM WINGさん

北海道帯広市のFM WINGの伊藤さんが2日間、山元町へ見えました。

りんごラジオ出演、WING局への入中、町内でのボランティアなどの活動を

精力的にこなしました。

Fm_2

帯広市の皆様、ありがとうございます。

2011年7月25日 (月)

平松愛理さん

<部屋とワイシャツと私>のヒット曲でおなじみの歌手 平松愛理さんが

来てくれました。

変わらぬ愛くるしさに、スタジオ内、俄然明るく華やかに!

Photo

神戸市須磨区からたくさんのコスモスの種を持参し、町内の山下中学に

まいてくれました。2ヶ月後位には咲いてくれるでしょう!

下の写真は、

<みんなと愛理と私>

Photo_2

2011年7月24日 (日)

復興

復興会議が開かれました。

Photo_6

第一部は、第二回有識者会議。

今回も一般公開され、大勢の町民の方々が傍聴しました。

Photo_7

町のイメージ図も示され、今月末に基本方針がまとまります。

自衛隊帰る

昨日、自衛隊のお見送り会がありました。

第10後方支援連隊の皆さん、ありがとうございました。

Photo

女性隊員にカメラを向けると、ニッコリとVサイン。

普通の女の子の一面も。

Photo_3

Photo_4

ありがとうの気持ちをハーモニカの演奏で見送った男性もいました。

りんごラジオでは、このお見送りセレモニーの模様を

録音再生で放送しました。

Photo_5

2011年7月23日 (土)

キャンドルジュンさんありがとう

キャンドル・ジュンさんが炊き出しで着てくれました。

これで10数回の来町です。

本当にありがとうございます。

Photo_3 Photo_4

今日は、ラーメンやホットドッグ、衣服や大道芸人などの皆さんも

来てくれてにぎわいました!

中央の女性は、1ヶ月のボランティアを終えて

神戸へ帰ろうとしていたところを数日間りんごラジオで

ボランティアスカウトしてしまいました。